2016年8月2日より社名を「株式会社ゆめある」に変更いたします。


Ivory Grand Pianos IIへの有償アップグレード・パッケージ


Ivory Grand Pianosを、Ivory Grand Pianos IIに優待価格でアップグレードいただけます。

Ivory II Grand Pianos 概要


Kurzweil在籍時代からピアノ音源を追求してきた、ジョー・イエラルディとジョージ・テイラー。
彼らが初代Ivory発売時から約5年の歳月を費やして世に問う、Ivory II。
ストリング・レゾナンス共鳴、最大18段階のヴェロシティ・レイヤーのリファインされたサンプル、 ハーフ・ペダルへの対応。
これが、「最高のピアノ音源」の新しい指標です。

主な特徴


・77GB以上サンプルを収録した、グランド・ピアノ・インストゥルメント。
 Bösendorfer 290 Imperial Grand
 Steinway D Concert Grand
 Yamaha C7 Grand

・88キー各鍵盤を、最大18段階のダイナミック・レベルで収録(Bösendorfer Imperialは、1オクターブの拡張低域部も収録)。
・ハーモニック・レゾナンス・モデリング技術による、リアルなストリング・レゾナンス共鳴(打鍵時にすでに押さえている鍵盤の弦が共鳴する現象)。
・サスティンペダルを踏んだ時の共鳴を、DSP処理でモデリング。ハーフペダル表現にも対応。
・最高のピアノ、調律、スタジオ、ホール、プログラミング技術の組合せによる、最高の音色。
・ピアノ専用に開発された、Synthogy独自の32-bitサンプル・プレイバック/DSPエンジン。
・サンプル補間技術により、超スムーズなベロシティ・レイヤー、音程間のつながりを実現。
・キーノイズ(ハンマーが弦にあたる時の音)、調律、ステレオ音像(演奏者側/聴衆側切り替え、広さ調整)、音色などを調整可能。
・指が鍵盤から離れた時のリリース音や、ペダル・ノイズ、ソフトペダル使用時のサンプルを収録。
・ティンバー・シフティング、パラメトリックEQ、シンセ・レイヤーにより、生ピアノを超えた大胆なサウンド・デザインにも対応。
・ホール/部屋をモデリングしたリバーブの他、コーラスエフェクトも装備。
・ポップバンドでのライブ演奏に便利な、レイヤー用のシンセパッド音も収録。
・基本的なピアノ音色プログラム、調律/音像/ベロシティ設定を含んだセッション、エフェクト設定、お使いのキーボードに合わせたベロシティ設定など、様々な単位で保存/管理可能なユーザープリセット。


動作環境


・Mac OS X 10.6-10.9 (*ダウンロードバージョンはOS X 10.7以降)
・Windows 7/8
・AU、VST (2.4) 各32/64bit、RTAS (Pro Tools8以降)、AAX64bit Native、スタンドアローン*
・Intel Core2 Duo 2GHz以上
・RAM空き容量2GB以上(4GB以上を推奨)
 *要CoreAudio(Mac)/ASIO(Win)ドライバー対応のインターフェース
・iLokUSBキー(別売)

製品のインストールにはDVD-ROMドライブ、および78GB以上(Grand)、28GB以上(ItalinaGrand)、90GB以上(Upright)、50GB以上(AmericakConcert)のハードディスク空き容量が必要です。
また、Ivoryを快適にご使用頂く為には、OS/オーディオトラック・データとは別ドライブの7,200RPM以上のハードディスクにライブラリをインストールする事を推奨致します。

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。
製品をご使用頂くにはiLok USB Smart Key(別売)、無償で作成/ご利用いただけるiLok.comアカウント、インターネット接続環境が必要です(アップデータのダウンロード、およびオーサライズ時)。
製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

配送員設置 Synthogy/Ivory II Grand Pianos Upgrade-音楽制作

配送員設置 Synthogy/Ivory II Grand Pianos Upgrade-音楽制作

一覧へ

配送員設置 Synthogy/Ivory II Grand Pianos Upgrade-音楽制作

一覧へ

Script Topic2015.11.09 (Mon)

配送員設置 Synthogy/Ivory II Grand Pianos Upgrade-音楽制作

WordPressを4.3にアップデートした際、投稿画面のエディタ…

ESSAY社長エッセイ

一覧へ

このページの先頭へ